僕が見たアフリカの国
─セネガル見聞録

上野庸平 著
本体価格 1700円
ISBN978-4-7634-0593-7 C0025
発行 2011年2月25日
四六版並製 240頁

日本の若者が出会った素顔のアフリカ
未知の可能性を秘めたアフリカ
いまアフリカが面白い!

ついに躍動を始めた未知なる大陸、アフリカ
セネガル・ダカール大学への留学経験を通じて日本の若者が得た強烈な異文化経験とは――
世界中のどことも似ていない場所、アフリカの現在・過去・未来

セネガルを通して見たアフリカ最新レポート!

●内容●
序章 アフリカルネッサンス
第1章 素顔のセネガル
第2章 セネガル政治のこれまでとこれから
第3章 セネガルの言語状況
第4章 貧困――裸足のストリートチルドレン
第5章 性器切除――悪習は終わらせられるか
第6章 アフリカに中国人
第7章 セネガルのイスラム
第8章 セネガルのキリスト教
第9章 セネガル人の過去と今
第10章 奴隷交易の島 ゴレ島
終章 やっぱりアフリカは面白い

●著者紹介●
上野庸平(うえのつねひら)
アフリカ研究家、ルポライター。昭和59年生まれ。大学卒業後、海上自衛隊に勤務。自衛隊退官後、セネガル共和国に留学。平成23年より在ブルキナ・ファソ共和国日本大使館もて勤務。

●編集部より●
BRICsの次に世界経済の主役に踊り出ると言われるアフリカ。ついに目覚め始めたアフリカの今を、日本の若者がみずみずしい感性で切り取ったルポルタージュです。しかしいくらグローバル経済の時代になっても、そこはアフリカ。他所では経験できない強烈な異文化体験の数々が綴られています。中国のアフリカ進出や政治状況といった最新事情だけでなく、歴史や文化にも目配りした読み応えのある内容の1冊です。

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。