劉暁波と中国民主化のゆくえ

矢吹晋 加藤哲郎 及川淳子 著
本体価格 2200円
ISBN978-4-7634-0598-2 C0036
発行 2011年4月24日
四六版上製 360頁

劉暁波はなぜ国家反逆罪に問われたか
中国民主化への反乱はなぜ起こらないか
人権なき大国、中国とどう向き合うか

国家反逆罪に問われた判決文、劉暁波の陳述と弁明、弁護人の陳述、罪状にあげられた6つの文章と『08憲章』の全文を収録

ノーベル平和賞受賞・劉暁波の人と思想
中国民主化を阻むものとはなにか
現代中国論の決定版

 

●内容●
序章 私には敵はいない──暁波「最終陳述」
第Ⅰ部 中国民主化のゆくえ──『08憲章』と劉暁波
第Ⅱ部 劉暁波の弁明と判決
第Ⅲ部 劉暁波は、なぜ国家反逆罪に問われたか──罪状にあげられた6つの文章
資料編 『08憲章』全文

●著者紹介●
矢吹晋(やぶき すすむ)
1938年生。横浜大学名誉教授。『文化大革命』(講談社現代新書)など。

加藤哲郎(かとう てつろう)
1947年生。早稲田大学客員教授。『ワイマール期ベルリンの日本人』(岩波書店)など。


及川淳子(おいかわ じゅんこ)
1972年生。法政大学客員学術研究員。『天安門事件から「08憲章」へ』(藤原書店)など。

●編集部より●
昨年ノーベル平和賞を受賞した中国の民主化運動の活動家、劉暁波。彼の人と思想、中国社会での位置づけにはじまり、「人権なき大国」中国とこの先日本がどう付き合っていくべきかを論じた、現代中国論の決定版です。第Ⅰ部は現代中国問題の第一人者矢吹晋先生と社会主義研究で名高い国際政治学者の加藤哲郎先生の対談、第Ⅱ部は劉暁波の代表的な文章を収録しました。現在、国内で出版されている劉暁波関連の書籍の中でも最高のものが出来上がったと、自信をもってお勧めできます。

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。