ガンはなぜ自然退縮するのか
─ガンは治る! 脅威のメカニズム「アポトーシス」

奥山隆三 著
本体価格 1600円
ISBN978-4-7634-0615-6 C0047
発行 2011年10月25日
四六判 168ページ 上製

ガン細胞の自殺=アポトーシスとは何か
それはどのような条件で起きるのか
ガン自然退縮の研究・最前線

■ガンは免疫力による自然退縮で必ず治る
■心の支援で免疫力はアップする
■放射能汚染も免疫力をアップすれば発ガンのリスクはかなり低くなる
■抗ガン剤は免疫力を阻害するためにガンには効かない
■抗ガン剤はガン患者だけでなく医療関係者にも非常に危険

不治の病と言われていたガンを、なぜ心の作用で治ると言いきれるのか
あなたの体の中に生じたガンは、あなただけが治せるのです──

●内容●
Ⅰ ガンの自然退縮の研究――心の支援でガンは治る
1章 ガンは本当の顔と偽の顔
2章 抗ガン剤とその歴史
3章 抗ガン剤を用いた化学療法
4章 抗ガン剤イレッサの真実
5章 国際的ガン事情
6章 ガンの自然退縮
7章 免疫力を上昇させる方法
8章 ガンの自然退縮の研究

Ⅱ ガンの自然退縮とアポトーシス
9章 アポトーシスとは何か
10章 アポトーシスによる細胞死の形態的特徴とそのメカニズム
11章 アポトーシスと関連疾患
12章 アポトーシスとガン遺伝子・ガン関連遺伝子
13章 ガンの食事療法とアポトーシス



●著者紹介●
奥山隆三(オクヤマタカゾウ)
1952年、奈良県に生まれる。神戸大学大学院医学研究科中退、医学博士。
奈良医大・京都大学医学部・神戸大学医学部の各病理学講座でガンの研究に従事。現在、奈良医大に博士研究員として在籍する一方、大阪電気通信大学(兼任講師)やファルコバイオシステムズ(ガン検診)で活躍。著書に『こうすればガンは消える』(花伝社)。日本癌学会正会員。

●編集部より●

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。