金持ちはますます金持ちに貧乏人は刑務所へ
アメリカ刑事司法制度失敗の実態

ジェフリー・ライマン、ポール・レイトン 著 、宮尾茂 訳
本体価格 2500円
ISBN 978-4-7634-0621-7 C0036
発行 2011年12月20日
四六判 352ページ 並製

<犯罪>に見るアメリカ社会の絶望的格差 万引き数回で懲役50年……群れをなして刑務所に入る貧しい人々。 労働者を死に追いやり、庶民に巨額の損失をおしつけて、めったに罪に問われない経営者たち。 放置される貧困ととめどなく拡がる格差。 法制度が正義をとりもどす条件とは?

30年間に9版を重ねてますます新鮮 話題のロングセラー、ついに邦訳

●内容●
はしがき―鏡の国の刑事司法、あるいは負けるが勝ち―
第1章 アメリカの犯罪抑制―失敗が失敗を生む―
第2章 何と呼ぼうと犯罪は犯罪
第3章 そして貧乏人は刑務所へ
   1 金持ちの免罪
   2 そして貧乏人は刑務所へ
第4章 戦利品は勝利者の手に
―犯罪との戦いの敗北によってだれが勝利するのか?―
結論 正義の司法か、犯罪的司法か



●著者紹介●
ジェフリー・ライマン(ジェフリー・ライマン)
ワシントンD.Cアメリカン大学ウィリアム・フレイザー・マクダウェル記念哲学教授。

ポール・レイトン(ポール・レイトン)
イースタン・ミシガン大学社会学人類学犯罪学部教授。

宮尾茂(ミヤオシゲル)
東京大学工学部卒業。マサチュセッツ州ボストン大学科学系大学院修士課程修了、刑事司法専攻。

●編集部より●

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。