民主党の原点
何のための政権交代だったのか

鳩山由紀夫・高野 孟 著
定価:800円+税
ISBN 978-7634-0645-3 C0031
発行 2012年9月25日
A5判ブックレット 88頁

原点回帰は可能か?
民主党はどこへ行く

 

●内容●
はじめに 鳩山由紀夫
Ⅰ 民主党政権の3年間を振り返る 鳩山由紀夫
Ⅱ 私が考える民主党再建案 高野孟
Ⅲ あの時、一体我々はどういう危機に直面していたのか 高野孟
あとがき 高野孟

●著者紹介●

鳩山由紀夫(はとやまゆきお)
1947年生まれ。衆議院議員(北海道9区選出)。第93代内閣総理大臣。

高野 孟(たかのはじめ)
1944年生まれ。ジャーナリスト。『インサイダー』編集長。

●編集部より●

解散総選挙が噂されるなか、民主党代表選、自民党総裁選、そして維新の会など第三勢力の台頭と、混迷を極める政局。そもそもこの状況を招いたのは、2009年、大きな期待を背負って実現した政権交代を受けた民主党政権に対する国民の失望でした。
本書は、政権交代時の民主党代表であり元首相の鳩山由紀夫氏が、なぜ現在のような事態に至ってしまったのか、自分の成し遂げたことと失敗したこと、およびその原因は何だったのかを、長年の親交があり民主党結成時のブレーンでもあるジャーナリストの高野孟氏のもとで、驚くほど率直に語った内容をまとめたものです。
鳩山由紀夫氏に対する批判一辺倒のマスコミ報道の陰で自民党政権ではなしえなかった実現化した施策の数々、米軍基地普天間移設問題での迷走の真相、政権を担ったからこそわかった分厚い官僚の既得権益構造……貴重な証言の数々は、理念なき現在の民主党に対する直言であり、民主党創設者でもある鳩山由紀夫代議士の「原点回帰」という目標へ向けた未来志向の宣言でもあります。


オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。