自由貿易神話解体新書
「関税」こそが雇用と食と環境を守る

関 良基 著
定価:1500円+税
ISBN 978-7634-0643-9 C0036
発行 2012年9月20日
四六判並製 224頁

TPP=関税撤廃の愚
自由貿易の神話と現実
気鋭の論客が問う「反自由貿易原論」
官・業・学癒着のムラ社会により形成された神話の数々──「専門家」を名乗るインサイダーたちのまやかしに、もうだまされるな!
「市場原理主義的構造改革路線」でも「土建国家的ケインズ主義路線」でもない第三の道──「エコロジカル・ニューディール」を探る

気鋭の論客が問う「反自由貿易原論」!

●内容●
第1章 経済学と神話の信仰
第2章 自由貿易の神話と現実
第3章 関税自主権と産業保護をめぐる歴史的事実
第4章 農産物貿易の自由化は飢餓と失業を生み出す
第5章 自由貿易が生む環境問題
第6章 自由貿易への代替案

●著者紹介●

関 良基(せき よしき)
1969年、信州上田生まれ。2000年 京都大学大学院院農学研究科博士課程修了。早稲田大学アジア太平洋研究センター、(財)地球環境戦略研究機関などを経て、2007年より拓殖大学政経学部教員。
主な著書に『複雑適応系における熱帯林の再生——違法伐採から持続可能な林業へ』(御茶の水書房)、『中国の森林再生——社会主義と市場主義を超えて』(共著、御茶の水書房)、『自由貿易という幻想——リストとケインズから「保護貿易」を再考する』(共著、2011年、藤原書店)

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。