原子力と冷戦
日本とアジアの原発導入

加藤哲郎・井川充雄 編
定価:2500円+税
ISBN 978-4-7634-0659-0 C3031
発行 2013年3月25日
A5判判上製 280頁

3・11以降の視点で捉え直す冷戦構造
現代政治史の盲点を突く新たなアジア論 世界中が「原子力」に夢を抱いた20世紀。
原水爆禁止と「平和利用への熱狂」はなぜ長く共存したのか?
21世紀に入って原発開発の中心はアジアへと移動し、「フクシマの悲劇」にもかかわらず日本主導の「原発ブーム」が続いている。
日本とアジアへの原発導入を、東西冷戦の歴史的文脈の中で、第一次資料・現地資料を用いて実証的に検証する。

 

●内容●
第1章 日本における「原子力の平和利用」の出発 
第2章 アイゼンハワー政権期におけるアメリカ民間企業の原子力発電事業への参入 
第3章 戦後日本の原子力に関する世論調査
第4章 広島における「平和」理念の形成と「平和利用」の是認 
第5章 封印されたビキニ水爆被災 
第6章 ソ連版「平和のための原子」の展開と「東側」諸国、そして中国  
第7章 南北朝鮮の原子力開発――分断と冷戦のあいだで
第8章 フィリピンの原子力発電所構想と米比関係――ホワイト・エレファントの創造 
第9章 冷戦下インドの核政策――「第三の道」の理想と現実

●著者紹介●

加藤 哲郎(カトウ テツロウ)
東京大学法学部卒。現在、早稲田大学大学院政治学研究科客員教授、一橋大学名誉教授。政治学専攻。著書多数。
上記内容は本書刊行時のものです。
井川 充雄(イカワ ミツオ)
一橋大学卒。現在、立教大学社会学部教授。メディア史専攻。著書に『戦後新興紙とGHQ――新聞用紙をめぐる攻防』など。

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。