〈追悼の祈り・復興の願い〉の人間像
東日本大震災と「般若心経」

幸津國生 著
定価:2000円+税
ISBN 978-4-7634-0687-3 C0010
発行 2013年12月25日
四六判上製 246頁

追悼の祈りと復興の願いとを重ね合わせる
思想的な営みとは何か──

東日本大震災後紡がれた多くの追悼の祈りと一人ひとりの復興の願いとを『般若心経』の空の立場──
「色即是空 空即是色」──から読み解く

 

 

●内容●
第1章 本書の問い──追悼の祈りと復興の願いとを重ね合わせるためにはどのような思想的な営みが求められるのか
第2章 映画『遺体 明日への十日間』 
第3章 新聞記事──仏教各宗派による三回忌法要などについて 
第4章 『般若心経』 
第5章 災害の体験と「無常感」──鴨長明『方丈記』・吉田兼好『徒然草』の場合 
第6章 「色」の変化としての地震・津波・原発事故と「無常感」を超える科学的な認識 
第7章 福島県飯舘村の実践における「人間の復興」 
第8章 本書の問いへの答え──思想的な営みとしての空の立場にあたる立場の実践 



●著者紹介●

幸津國生(コウヅ クニオ)
1943年 東京生まれ
東京大学文学部卒業
同大学院人文科学研究科博士課程単位取得
都留文科大学勤務をへて
ドイツ・ボーフム大学ヘーゲル・アルヒーフ留学(Dr.phil.取得)
日本女子大学勤務、同定年退職後「晴"歩"雨読」
日本女子大学名誉教授

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。