自治社会の原像


大窪一志 著
定価:2500円+税
ISBN978-4-7634-0689-7 C0010
発行 2014年1月25日
四六判並製 376頁

近代社会の底に息づく「実在社会」の原理と生命力

バーク、プルードン、ヴェブレン……柳田國男、権藤成卿、今西錦司……
ヨーロッパと日本の近代思想の中から脱近代の自治社会像を再発見し、現代の生命科学、進化論、場の理論、社会組織論から基礎づけ直す。

多重多元の連合協同社会をめざし
再生の社会哲学を求めて

 

●内容●
第1章 日本社会の解体と再生
第2章 実在社会の再発見
第3章 日本の実在社会のありか
第4章 生命と場と自治


●著者紹介●
大窪一志(おおくぼ・かずし) 
1946年神奈川県生まれ。東京大学文学部哲学科卒業。実存哲学を専攻。筑摩書房などを経て編集者・著述者として活動。『日本型生協の組織像』(共著)『「新しい中世」の始まりと日本』等の著作、クロポトキン『相互扶助再論』などの訳述がある。

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。