融解するオタク・サブカル・ヤンキー

ファスト風土適応論

熊代 亨 著

定価:1,500円+税
ISBN 978-4-7634-0713-9 C0036
発行 2014年10月1日
四六判並製 208頁

"尖った連中"はどこから来てどこへ行ったのか?
ロスジェネ世代が挫折から立ち上がるために

「失われた20年」を経て"尖った連中"が死屍累々を築くのを横目に、変幻自在にオタク的・サブカル的・ヤンキー的フレーバーを身にまとい、今を楽しく生きる"最近の若いやつら"。
ロードサイドに集う地元のリア充達は、なぜあんな"ヌルい"カルチャーで満足できるのか——彼らのしなやかでしたたかな生き方に学ぶ、こじらせ系中年のための処方箋。

「自分探し」と「コンテンツ消費」、「差異化ゲーム」に明け暮れた僕らの軟着陸(ソフトランディング)

若者文化のジャンルそれぞれが輪郭を曖昧にしながら普及していったなかで、
「オタク」「サブカル」「ヤンキー」に青春を捧げ、
夢中になってシーンを駆け抜けた人々は、その後どうなったのでしょう?
本書のなかで私は、そうした「オタク」「サブカル」「ヤンキー」の
〝尖った連中〟がどこからやってきて、今、どこに辿り着こうとしているのか、
ひととおり確認してみようと思います。
そして〝尖った連中〟の盛期が過ぎた後、ありふれた日常のなかで慎ましげに
モノやコンテンツを消費しているようにみえる若年世代が、実際のところ、
どのようなスタンスでモノやコンテンツと向き合い、
どういう風に先行世代と違っているのか、
心理的な相違点を明らかにしてみるつもりです。

これらの言葉が生まれてから、三十余年。〝尖った連中〟と〝尖っていない連中〟、
昭和生まれと平成生まれのオタクやサブカルやヤンキー。
それらを比べてみると、案外、世の中の流れや、
これからを生きていくヒントがみえてくるのではないか、と思えるのです。
(本書「はじめに」より)

 

 

 

 

●内容●
第1章 国道沿いの小さな幸せ
第2章 オタクもサブカルもヤンキーもいなくなった
第3章 オタク/サブカルの年の取り方
第4章 国道沿いに咲くリア充の花
第5章 追いかけてきた現実(リアル)      

  



●著者紹介●

熊代 亨(クマシロ トオル)
1975 年生まれ。信州大学医学部卒業。精神科医。地域精神医療に従事する傍ら、ブ
ログ『シロクマの屑籠』にて現代人の社会適応やサブカルチャー領域について発信
している。
著書『ロスジェネ心理学』(花伝社)、『「いいね!」時代の繋がり』(エレファントブッ
クス新書)、『「若作りうつ」社会』(講談社現代新書)

 

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。