マスコミが伝えない裁判員制度の真相


猪野亨・立松彰・新穂正俊・ASKの会監修著
定価:本体1500円+税
ISBN978-4-7634-0733-7 C0036
発行 2015年3月25日
四六判上製 280頁

予想できなかった裁判員の言動と暴走
マスコミが熱狂的に支持した
裁判員制度の運用実態を暴く!

裁判員制度の全報道を精査!
裁判員制度で刑事司法の崩壊が始まっている!

 

●内容●
第一章 絶賛される「市民感覚」とは何か
第二章 出頭率の真実
第三章 良い経験の真実
第四章 運営面の真実
第五章 神に等しい裁判員――加速する暴走
第六章 裁判員裁判における審理と量刑
第七章 裁判員制度におけるわかりやすさが持つ落とし穴
第八章 裁判員ってどのような人たち?
第九章 裁判員制度と死刑判決
第十章 裁判員制度の枠組みと問題

 
●著者紹介●

猪野 亨(いの とおる)
 1968年生まれ、神奈川県出身。北海道大学法学部を卒業後、1998年に弁護士登録。2000年より、いの法律事務所開設。札幌弁護士会所属。
 2007年より「北海道裁判員制度を考える会」事務局として、裁判員制度廃止に向けた街頭活動や学習会などを行う。また、ブログで司法の問題について広く発信している。

 

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。