里山の「人の気配」を追って

雑木林・湧水湿地・ため池の環境学

 


富田啓介 著 
定価:1700円+税
ISBN 978-4-7634-0748-1 C0040
発行 2015年7月25日
四六判並製 288頁

里山をもう一歩深く知る

今も国土の4割を占める里地里山と、私たちはどのように付き合ってきたのか
里山の小宇宙・湧水湿地とため池の魅力とは

生き物の暮らし、場所の成り立ちと意味、変わりゆく姿と課題
フィールドワークから見えてきた里山のいま

 

●内容●
第一章 里山へようこそ
第二章 里山とはどんなところ?
第三章 里山の異空間・湧水湿地
第四章 様々な顔をもつため池
第五章 現代の私たちにとっての里山

●著者紹介●
富田啓介(とみた・けいすけ)
1980年、愛知県生まれ。2009年、名古屋大学大学院環境学研究科修了。博士(地理学)。現在、法政大学文学部地理学科助教。専門は自然地理学、特に地生態学。主な研究テーマは、里地里山における人と自然の関わり、ため池や湧水湿地をはじめとする生物生息地の保全・活用。共著に、『古地図で楽しむなごや今昔』(風媒社)、『歴史と環境─歴史地理学の可能性を探る─』(花書院)、『私の小さな森づくり』(INAX出版)などがある。

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。