報道危機の時代

報道の正義、社会の正義 PART 2

 


阪井 宏 著
定価:本体1700円+税
ISBN978-4-7634-0754-2 C0036
発行 2015年9月15日
四六判並製 276頁

権力による露骨なマスコミ支配
報道は試練のとき

正しい報道とは何か?
第一線記者たちはどう考えているか……

犯罪をおかした少年の実名報道は正しいか
戦争報道に公正な視点はありえるか
マー君の高額契約を手放しで喜ぶ報道でよいのか

学生たちとの論議の中から生まれた本

 

●内容●
Ⅰ 暴力と非寛容の時代に
第1章 ナショナリズムとどう向き合うか
第2章 戦争報道に正義はあるか
第3章 若者に戦争責任はあるか
Ⅱ たしかな報道のために
第4章 実名報道の根拠は何か
第5章 情報源明示はなぜ必要か
第6章 世論調査は信用できるか
第7章 内緒話(オフレコ)をなぜ書くか
Ⅲ 記者の足元が問われる
第8章 マー君の高額契約は正当か
第9章 日常の性差別をどう正すか
第10章 記者クラブは必要か

●著者紹介●
阪井 宏(さかい・ひろし)
1956年神奈川県生まれ。県立鎌倉高校、慶応大学法学部卒。1980年に北海道新聞入社。記者として札幌、釧路、旭川、東京などで勤務。2011年3月に早期退社。同4月から北星学園大学教授。1999年から1年間、英オックスフォード大グリーンカレッジフェロー。

 

●好評既刊●

『報道の正義、社会の正義』

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。