K 消えた娘を追って


ベルナルド・クシンスキー 著 
小高利根子 訳
定価:1700円+税
ISBN978-4-7634-0740-5 C0097
発行 2015年10月15日
四六判上製240頁

ダブリン国際文学賞ノミネート

ブラジル軍事政権に拉致された娘を探す父親――
カフカ『城』『審判』に匹敵する、現代の不条理

ある日突然姿を消した娘を捜す父親Kの物語。
Kはユダヤ系ポーランド人で、ブラジルに移住する前に祖国で反政府活動のため投獄された経験を持つ。
父親の苦悩と真相解明を求める姿、失踪者家族たちの訴え、娘や婿の手紙、軍部側の動き……
そしてなんらかの形で事件に関わった人々の思いが、まるでひとつの合唱のように響き合い、少しずつ全貌が明らかになる。

 

●著者紹介●
ベルナルド・クシンスキー(Bernardo Kucinski)
1937年、ブラジル、サンパウロ生まれ。ユダヤ系ポーランド人移民の二世。ブラジルのジャーナリストで、2012年までサンパウロ大学国際ジャーナリズム学科の教授。ブラジルの軍政時代(1964-1985)には自主的にイギリスに亡命し、BBC他でジャーナリストとして活躍。妹のアナ・ホーザが行方不明になったため1974年ブラジルに帰国。労働党党首ルーラ大統領の第一期(2002-2006)には大統領の特別補佐官を務めた。サンパウロ大学退職後、作家活動に入る。本作でポルトガル・テレコム文学賞、ブラジル作家国際連盟文学賞審査員特別賞受賞、ダブリン国際文学賞、サンパウロ文学賞新人賞最終審査ノミネート。

●訳者紹介●
小高利根子(こだか・とねこ) 東
京都出身。現在、川崎市高津区在住。1968年東京外国語大学英米科卒業。1970年より数年ずつブラジル、サンパウロ市へ。通算22年以上、ブラジルに住む。1974年から1976年までの2年間、サンパウロ大学人文学部社会学科に在籍。日本では「アムネスティ・インターナショナル日本」、「日本ラテンアメリカ子どもと本の会」会員。ブラジルでは「ブラジル日系文学会」会員。 主な翻訳書 『さよならブラジル──国籍不明になった子供たち』(花伝社、1989) 『サンパウロ・コネクション──ブラジル女性たちの歌舞伎町物語』(文藝春秋、1994) 『大航海──南極から北極へ 660日間 ヨットひとり旅』(文藝春秋、1995) 『期待はずれのニッポン──投書に見る在日ブラジル人の声』(インターナショナルプレス、1996) 『ブラジルの民話 クルピーラ/サシ・ペレレー』(インターナショナルプレス、2007)

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。