自閉症スペクトラムの謎を解く

高機能アスペルガー障害は、話ことば獲得障害


別府 真琴 著 
定価1,700円+税
ISBN978-4-7634-0771-9 C0047
発行 2016年4月25日
四六判 216頁 上製

最新の学問的成果と手記・症例をもとに
自閉症を解明する!

高機能アスペルガー患者が、困難な人生を送らざるを得ないのは、話ができても他者とコミュニケートできない、いわゆる話ことばを獲得できなかった、そして情動をともなった身体運動感覚を獲得できなかったことによる。
巨匠サルトルが遺したフローベルの膨大な評伝『家の馬鹿息子』その意図と自閉症との密接的な関係とは!?

好評既刊『なぜ自閉症になるのか ──乳幼児期における言語獲得障害

 

●内容●
Ⅰ章 話ことば獲得障害
Ⅱ章 サルトルが遺したフローベール評伝
Ⅲ章 口承世界を経ずに識字世界に入ってきた少年―カスパー・ハウザーの物語
Ⅳ章 高機能アスペルガー―ドナ・ウィリアムズの物語
Ⅴ章 高機能アスペルガーは話ことば獲得障害で起こる
Ⅵ章 総論―高機能アスペルガーは、話ことば獲得障害で発症

●著者紹介●
別府 真琴(べっぷ まこと)

1939 年 大阪府豊中市生まれ。神戸大学医学部卒業後、神戸大学第二外科を経て 兵庫県立西宮病院外科部長。専門は消化器外科、特に肝臓胆道膵臓外科。1995 年退官。外科医時代から関心があった、西洋医学を基盤にしながらもその欠陥を補完する医療の研究に従事。現在、別府内科クリニック院長。
著書に『なぜ自閉症になるのか』(花伝社)、『意識呼吸のすすめ』、『自分らしさの「タイプB」』(朝日ソノラマ)

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。