歩きはじめた沖縄

沖縄の自然と歴史、そして辺野古


緒方 修 著 
定価1500円+税
ISBN978-4-7634-0777-1 C0036
発行 2016年5月25日
四六判並製 240頁

世界遺産、琉球文化、沖縄戦の爪痕、遺骨収集、そして辺野古
本土では分からない沖縄のリアル

辺野古に揺れる沖縄
近代以降の矛盾が噴出するなかで見直される琉球独自のポジションと文化
東アジア共同体研究所 琉球・沖縄センター長が綴った沖縄の現在。

 

●内容●
はじめに
序章――やんばるからの平和メッセージ
第1章 琉球・沖縄の自然
第2章 琉球・沖縄の歴史
第3章 沖縄戦――最後の激戦地を歩く
第4章 辺野古はいま
第5章 沖縄の道標
あとがき

●著者紹介●
緒方 修(おがた・おさむ)
1946年生。中央大学卒、文化放送放送記者・プロデューサーを経て青山学院大学、法政大学講師。1999年より沖縄大学教授。早稲田大学オープン教育センター講師など。
現在、東アジア共同体研究所 琉球・沖縄センター長、NPOアジアクラブ理事長ほか。
著書に『シルクロードの未知国――トルクメニスタン最新事情』(芙蓉書房出版)――日本地方新聞協会・特別賞、『客家見聞録』(現代書館)、『沖縄野菜健康法』(実業の日本社)、『燦々オキナワ』(現代書館)など。

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。