ブラック化する職場

コミュニティユニオンの日々


竹之内宏悠 著
定価:本体1500円+税
ISBN978-4-7634-0804-4 C0036
発行 2017年3月25日
四六判並製 192頁

 

人びとが働く職場は今どうなりつつあるか?

救済を求める人びと
救済に奔走する合同労組の活動家たち
吹きすさぶ労働現場と個人加盟の労働組合で日夜奮闘する活動家たちの日常を描く──

これは、2000年代初頭から2016年の日本における労働現場と、その現実に立ち向かった者たちによる歴史の1頁である。


●内容紹介●
第1章 社員食堂
第2章 柵
第3章 不同意
第4章 過労死
第5章 明日へ

●著者紹介●
竹ノ内宏悠(たけのうち・こうゆう)
退職後、神奈川県の労働組合連合で労働相談を担当。月刊『民主文学』等で小説家としても活躍中。

オンライン書店で購入




電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。