皇軍兵士、シベリア抑留、撫順戦犯管理所

カント学徒、 再生の記


著者 絵鳩 毅
定価:本体2000円+税
ISBN978-4-7634-0828-0 C0036
発行:2017年8月15日
A5判並製 324頁

1941年28歳 出征、1956年43歳 帰国
戦争に翻弄された魂の遍歴

和辻哲郎門下生としてカント哲学に傾倒した絵鳩毅にとって、戦争とはいかなるものだったのか。
シベリアの極限状況はどのように俘虜の心を壊していったのか。
そして中国撫順戦犯管理所にて、「戦犯」はなぜ人間性を取りもどすことができたのか――。


●内容紹介●
発刊によせて  石田隆至(監修担当・大学教員)
はしがき  森 達也(映画監督) 9
第1章 皇軍兵士の四年 第一部 兵営記
第2章 皇軍兵士の四年 第二部 戦塵記
第3章 シベリア抑留の五年 強制労働、慢性飢餓、極寒、人間不信の世界
第4章 撫順戦犯管理所の六年 監獄が自己改造の学校であった
おわりに 

●著者紹介●
絵鳩 毅(えばと・つよし)
1913年鳥取県に生まれる。1938年東京帝国大学文学部卒業後、文部省勤務。1939年山梨県女子師範学校、上田高等女学校教員。1941年臨時召集で東部第64部隊入隊。
1942年北支那方面軍第12軍第59師団第54旅団第111大隊機関銃中隊に転属(陸軍軍曹・分隊長)。敗戦後シベリアに捕虜として5年間、戦犯として中国に6年間抑留。1956年起訴免除。帰国後は、高等学校教員、郵便局長を経て、中国帰還者連絡会常任委員長などを歴任。2015年1月没。

オンライン書店で購入




電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。