2003年5月刊『パパとニューギニア』川口築

「東京新聞」2003年6月5日

旅好きのビジネスマンが子連れで尋ねたパプア・ニューギニア。子にとって初の海外旅行にこの地を選んだ父親は、幼少期に「多様性」の大切さを知り、「しっかりとした個性」と「他人への思いやり」を育んでほしいと願う。年間約3000人しか日本人が渡航しない未知の地の案内のほか、新潟・塩沢町立今泉博物館など、パプア・ニューギニアの美術・工芸品が観賞できる日本の施設ガイドや交流団体の紹介も充実。はるかな国が身近になる。